D.O.リベラデル・ドゥエロ

leon

images大陸性の気候に影響を強く受け、夏は暑く乾燥をしますが、夜には気温が下がり大きな寒暖の差を産み出します。1982年に原産地呼称に認定されました。葡萄畑の平均海抜は700-850メートルとヨーロッパの中でも高地にある為、日中の強い日照を受けて成熟していくブドウは夜の涼しさで凝縮度を増していきます。また、年間の平均日照時間は2,200時間から2,400と長く、暑く乾燥をした天気のおかげでブドウは病害に遭うこともなく、完熟した素晴らしい品質となって収穫されます。1980年以降、品質を重視したブドウ畑の開墾や、近代機器を導入する醸造所が次々と建てられています。その結果、品質の高さを認められ今では、リオハと並びスペインの高品質ワインの産地となっています。

 

栽培面積 約21,933ha 年間降雨量 450-500mm
ワイナリー数 282カ所 食 材 生ハム(ハモン・イベリコ)、干し肉、腸詰ソーセージなど
2014ワイン生産量 122,000,000liters 料 理 コシード・マラガト(豆と豚肉の煮込み)、
コシニーリョ・デ・セゴビア(子豚の丸焼き)など
ワイン消費動向 国内71%
輸出29%
ヴィンテージレート 2013 Buena 主要ブドウ品種 アルビジョ、テンプラニーリョ、ガルナチャ・ティンタなど
ヴィンテージレート 2014 Muy Buena DO認定年 1982

ボデーガス・フェリックス・カジェッホ

カジェッホボデーガス・フェリックス・カジェッホは、1943年6月にソティージョ・デ・ラ・リベラという村で産声を上げました。フェリックス・カジェッホは、代々ブドウ畑を所有しており、造ったワインの販売もしていました。
現在のオーナーであるホセ・フェリックス・カジェッホはマドリードの大学でブドウ栽培学、ワイン醸造学を学び修士過程まで進み、その後、1999年にはフランスで、また2000年にはチリにて、各国のワイン造りの経験を積みました。
彼の畑は、テンプラニーリョ種とティンタデ・フィナ種のみを栽培してり、ドゥエロバレーの最も高い場所であるリベラ・デル・ドゥエロの北に位置し、ブドウ畑は海抜850~930メーターのところにあります。この海抜の高さは昼夜で15℃以上の厳しい温度の差を生み出します。その温度差はブドウ作りにはとても重要な要素であり、昼間はブドウの熟成を強め、温度が低い夜には適度な酸味を産み出しています。
海抜の高い土壌は、石灰質で低い方へとスロープ状に傾斜があり、下に行くにつれ、徐々に粘土質、砂、小石が多くなっていきます。この多様性のある土壌はワインに複雑なアロマをもたらし、テンプラニーリョとティンタデ・フィナのそれぞれの特徴を生み出しています。彼らは、樹に房がなったままの状態でブドウの成熟度を判断し、その結果で収穫をいつスタートさせるかを決めます。その為、常に最適な状態でブドウを収穫することができます。ファリックス・カジェッホのワイン造りへのこだわりは、オリジナルのイーストを使用した発酵にあり、それにより土壌のサイクルを完成させ、個性を発揮できるワインを生産することができます。発酵の後、100%フレンチオーク樽を使用します。

ボデーガス・エル・イルシオニスタ

el_ilusionista pablo
エル・イルシオニスタはD.O.リアスバイシャスやD.O.リベイラサクラのワイナリーにも携わっていた醸造家、パブロ・イバニェスが高品質なテンプラニーリョが栽培される事で注目されている産地の、D.O.リベラデル・ドゥエロの畑で造ったワインです。D.O.リベラデルドゥエロのブドウ畑は標高900m近い河間地域の丘に位置しています。全体的に痩せていて石灰岩が多い土壌の為、ブドウ栽培にとても適した土地です。この地で栽培されるテンプラニーリョには「ティント・フィノ」や、「ティント・デル・パイス」といったシノニムがあります。
ワイン名の「イルシオニスタ」とは、幻影師や夢想家といった意味を持ちます。このワインでは後者を意味し、常に最高品質のワインを醸造し続けるといった、夢に向かって果敢に挑戦するドリーマー(夢想家)を、そして、エチケットに描かれた男性の背中に生えている羽根は、彼らのワイナリーグループの羽ばたきを表現しています。パラジャパンでは、ステンレスタンク熟成のホベン、5ヶ月間オーク樽熟成のロブレ、14ヶ月間オーク樽熟成のクリアンサの3タイプを取扱しております。

 

「日本の皆様へメッセージ」
日本は輸入ワインの消費国としては国際的なレベルで6位です。なので、ワインメーカーと輸出業者にとっては非常に魅力ある市場です。日本の消費者は冒険好きで、未知のワイン、新しいスタイルのワインを試すのが好きと言えるでしょう。また日本人は賢い消費者でもあり、ワインのことを学ぼうとする姿勢があります。
東京に行ったことが一度だけありますが、日本には魅惑的で多面的文化があります。その一方では何千年もさかのぼった伝統が深くしみ込んでいます。その裏で、流行は絶えず変化し、そのときの流行りや技術開発など、可能性に壁をつくらず、絶え間なく瞬時に移り変わっている社会です。そこが、日本を訪れワインを売りたいと思わせてくれる魅力的な国にしているのだと思います。

ワイナリー設立 2000年 栽培面積 6ヘクタール
オーナー名 Horacio Gomez Araujo 従業員数 4名
醸造家名 Pablo Ibañez Sarmiento 弊社取扱ワイン ●エル・イルシオニスタ・ホベン
●エル・イルシオニスタ・ロブレ
●エル・イルシオニスタ・クリアンサ
年間生産本数 60,000本
ワイン輸出国数 9ヵ国 ワイン出荷動向 国内75%,輸出25%