マブレ 2017 /Mabre 2017

マブレ 2017 /Mabre 2017

商品名Mabre 2017/ マブレ 2017
JANコード8428913031102
生産地スペイン / D.O.エンポルダ
ワイナリーエンポルダリア
ぶどう品種ガルナッチャ・ブランカ100%
ヴィンテージ2017
アルコール度数12.5%
サイズ750ml
タイプ白 / 辛口
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度8-12℃
参考上代価格2,590円(税抜)

「地魚(Mabre)に魅せられ造られたワイン」

赤褐色のシスト(片岩)土壌より育てられたガルナッチャ・ブランカを手摘みで収穫し、ブドウの一番搾りと言われるフリーラン果汁のみを使用し、15℃の低温で21日間発酵。
その後、澱と共にシュールリー製法にてフレンチオーク新樽にて熟成。

緑色の反射を伴う美しい黄金色で、ジャスミンやローズのような白い花とエキゾチックなフルーツの芳香。ボディの厚みも感じられ、地中海の果実のようなフルーティーな味わいの後、バニラやココナッツの余韻が長く続き、最後はフレッシュなミントの爽やかさが酸味と共にキレをもたらします。

サルスエラ(スペイン版ブイヤベース)などの魚料理、イカやフォアグラなどとの相性はもちろんのこと、ソテーした鶏肉や焼き野菜など料理を選ばず、どんなシチュエーションでもお楽しみ頂けます。

「Mabre」とはこの土地にあるクレウス岬自然公園にインスパイアされ造られたワインで、この海域に生息し、親しまれている魚の名前に由来します。

 

自然公園に囲まれた理想的なテロワール

ボデーガ・エンポルダリア
Bodega Empordalía
D.O.Emporda

 

 

 

 

醸造家:チェリ・カサノバス(左)
生産者:シモン・カサノバス(右)

 

 

 

 

 

設立:1947年
ブドウ栽培面積:280ヘクタール
オーナー:SIMON CASANOVAS
醸造家:XELI CASANOVAS
パラジャパン取扱ワイン
●マブレ

エンポルダはカタルーニャ州最北端のフランスとの国境に位置し、標高200メートルまでの場所にブドウ畑が広がっており、温暖な地中海性気候に属しています。ボデーガ・エンポルダリアはそのエンポルダにおいて、最も古いワイナリーのひとつで、何世代にもわたって受け継がれてきたいくつかの小さなワイナリーが、より高品質なワインを造るという決意のもと、1947年に一つのワイナリーとして生まれ変わりました。

現在は醸造家であるチェリ・カサノバスがブドウ栽培から醸造まで、一貫した品質管理を行っています。彼女のコンセプトは「伝統」と「品質」です。紀元前5世紀にフェニキア人がイベリア半島に最初にワイン文化を伝えたのは、このエンポルダだと言われています。地中海性気候の長い日照時間と適度な雨量に加え、北にそびえるピレネー山脈から吹き降ろされる強い北風によって寒暖差が生まれ、土は貧しく、粘板岩と花崗岩の土壌により、ブドウ造りに適した環境が整っています。その理想的なテロワールを活かしガルナッチャ、マカベオ、カリニェナ、グルナッシュ、モスカテルなどの土着品種を生産を大切にしてきました。

ボデーガ・エンポルダリア周辺には3つの自然公園(ナショナル・インタレスト・ネイチャー・エリア、マリタイム・キャピタル・デ・クルス・ナチュラルパーク、エイガモア・デ・ラエンポルダ)があり、環境に配慮したブドウ栽培を推奨し自然の恵みを生かしたワイン造りを目指しています。

 

➡Bodega Empordalíaのホームページ