ビニャ・トビーア・ティント 2012 / Viña Tobía Tinto 2012

ビニャ・トビーア・ティント 2012 / Viña Tobía Tinto 2012

商品名Viña Tobía Tinto 2012 / ビニャ・トビーア・ティント 2012
JANコード8437002583088
生産地スペイン / D.O.Ca.リオハ
ワイナリーボデーガス・トビーア
ぶどう品種テンプラニーリョ100%
ヴィンテージ2012
アルコール度数13.0%
サイズ750ml
タイプ赤 / ライトボディ
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度15-16℃
参考上代価格こちらの商品は完売となっております。 (次回入荷未定)

 

「リオハアルタで造られたテンプラニーリョ100%のデイリーワイン」

このクラスでも果実味と大地香がしっかり。前ヴィンテージが予想以上の反響をいただき、終売となりましたが、2012年の新ヴィテージが登場しました!!短期熟成のフレッシュなテンプラニーリョのワインなのでお肉料理に限らず、様々な料理との相性が抜群です。

 

気鋭の醸造家オスカル・トビーア率いるワイナリー

ボデーガス・トビーア
Bodegas Tobía
D.O.Ca.Rioja

トビアマーク

 

 

 

トビア_人物写真トビア写真10オスカルさん


設立:2004年
ブドウ栽培面積:30ヘクタール
オーナー:Oscar Tobia
醸造家:Oscar Tobia
パラジャパン取扱ワイン
●ダイモン・ティント ○ダイモン・ブランコ
 

トビア写真5ボデーガス・トビーアの歴史は、オスカル・トビーアが家業のワイナリーを復活させた1994年に始まりました。彼は北風を遮るシエラ・デ・ラ・カンタブリア山脈を望む場所にワイナリーを設立しました。
ボデーガス・トビーアは、リオハの中でも最高のブドウが収穫できるリオハ・アルタのみにぶどう畑を所有しています。ワイナリーのすぐ近くには、有名なエブロ川が流れています。



醸造家オスカル・トビーアとは

オスカル・トビーアは大学で農業工学を学び、大学院でワイン鋳造およびブドウ栽培を研究し修士号を取得したあと、家業であるワイナリーを復活させるため、サン・アセンシオに帰郷しました。オスカル・トビーアは、スペインにおいて、樽発酵のロゼワインを造った初めての醸造家です。現在、樽発酵させたアルマ・デ・トビーア(トビーアの魂)ロサードは、スペインで最も有名なロゼワインのひとつです。以来、オスカルは、毎年、消費者を驚かせ、感動させる斬新なワインを市場に送り出しています。

▶Bodegas Tobíaのホームページ