ドセ・ルナス・ティント 2012 / 12 Lunas Tinto 2012

ドセ・ルナス・ティント 2012 / 12 Lunas Tinto 2012

商品名12 Lunas Tinto 2012 /
ドセ・ルナス・ティント 2012
JANコード8437011931177
生産地スペイン / D.O.ソモンターノ
ワイナリーエルグリージョ・イ・ラルナ
ぶどう品種テンプラニーリョ50%
カベルネ・ソーヴィニヨン 25%
シラー 20%
ガルナチャ 5%
ヴィンテージ2012
アルコール度数14.0%
サイズ750ml
タイプ赤 / フルボディ
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度15-16℃
参考上代価格こちらの商品は完売となっております。 (次回入荷未定)

 
「9ヶ月間フレンチオーク樽にて熟成のビオワイン」

ドセ・ルナスとは12個の月という意味です。月の満ち欠けを見計らいブドウの収穫を行っているビオ・ワインです。9ヶ月間樽熟成しています。
濃いサクランボ色の液体と縁はスミレ色、新鮮で赤い果実の香りを滑らかなタンニンが包み込む、柔らかい飲み心地のフルボディワインです。

「エチケットに込められた意味」
ボトルに直接プリントされた美しいエチケットのモチーフは「手」。その真ん中の丸は満月を意味し、満月の夜にブドウを手摘みしていることを表しています。またその手はブドウの葉で描かれていて、自然を意識した彼らのポリシーを描いています。

 
ビオ・ディナミ農法にこだわるワイナリー

エルグリージョ・イ・ラルナ
El Grillo y La Luna
D.O. Somontano

エル繰り

el_grillo_y_person4el_grillo_y_bodegael_grillo_y_person1

パラジャパン取扱ワイン
〇ドセ・ルナス・ブランコ
 

エルグリージョ・イ・ラルナは何世代もその土地を守り続けてきた2つの家族の夢から生まれたワイナリーです。数あるD.O.ソモンターノの中のワイナリーで一番小さなワイナリーです。エルグリージョ・イ・ラルナは、その土地のスピリットが伝わるような、個性的でなおかつ複雑なビオワインを造りだしています。
ソモンターノとは「前衛の山」を意味します。ブドウの成長に最適な気候を持ったこの地域では、紀元前200年よりワインが醸造されていたようです。この土地にはとても豊かな土壌とたくさんの品種のブドウの木があります。

エルグリージョ・イ・ラルナのブドウ畑はその土壌、樹木、気候の3つの間に絶妙なバランスを保っており、この3つの要素は、ワインの個性にとても大きな影響を与えています。
エルグリージョ・イ・ラルナはブドウの収穫量を常に5,000キロ以下に留め、小さな畑でもエリアを幾つかに分割し、ブドウの品種に適した土壌で栽培することを可能にしています。ワインの味を左右するものは最終的にはオーク樽であると考えており、発酵から瓶詰までワインがその真価を発揮できるよう、毎年慎重にフレンチオーク樽のテイスティングテストを行っています。