シンコ・テ 2010 / 5T 2010

シンコ・テ 2010 / 5T 2010

商品名5T 2009 / クアトロ・テ 2009
JANコード8437003043321
生産地スペイン / DOトロ
ワイナリーパラシオ・デ・ヴィリャチカ
ぶどう品種ティンタデトロ 100%
ヴィンテージ2010
アルコール度数14.5%
サイズ750ml
タイプ赤 / フルボディ
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度16-18℃
参考上代価格3,700円(税抜)

「パワフルな厚みとタンニンのフルボディワイン」

Tシリーズの最高グレードのワイン。強烈なチェリーレッド色。ココアやナッツのニュアンスと花のフルーティーな香り。荒々しいパワフルなタンニンは時間と共に滑らかになり、酸味と樽熟成のブドウの旨みが三位一体となった、バランスの良い重厚な赤ワイン。

「エチケットに込められた意味」
“T”は”Toro”を意味し、使用されているティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)と牛(Toro)の2つの意味を表しています。その数字が大きくなればなるほど、牛の数が増えてワインがヘビーになっていきます。

バランスの良いフルボディを造りだす

パラシオ・デ・ヴィリャチカ
Palacio de Villachica
D.O.Toro, D.O.Rueda

logo grupoIMG_2834IMG_2874

1835年から1837年にかけてスペイン各地の教会の土地が没収され、競売にかけられた時代がありました。ワイナリーの名前、パラシオ・デ・ヴィリャチカの「ヴィリャチカ」は、その土地を購入したルイス・ヴィリャチカより名づけられました。その為、パラシオ・デ・ヴィリャチカは、彼が購入した土地の1つに存在しています。

また「パラシオ」の名前の由来は、彼の娘であるヴィクトリアナ・ヴィリャチカが土地を受け継ぎ、小さな宮殿(パラシオ)を建てた事ことに由来します。

その後、この土地は、サモラの教区へと寄付されましたが、アンヘル・サン・ミゲール・デ・パブロスが1999年にこの土地を購入し、その1年後である2000年に初めてのワインが造られました。所有している50ヘクタールのブドウ畑では、粘土質の地層の表面を砂の地層が覆い、優れた品質のティンタデトロが収穫されます。この収穫されたブドウを使い、伝統的な方法と最新の機械技術を組み合わせたワイン製法で最高品質のワインを造りだしています。