カジェッホ 2010 / Callejo 2010

カジェッホ 2010 / Callejo 2010

商品名Callejo 2010 / カジェッホ 2010
JANコード8422789000187
生産地スペイン / D.O. リベラデル・ドゥエロ
ワイナリーフェリックス・カジェッホ
ぶどう品種テンプラニーリョ 100%
ヴィンテージ2010
アルコール度数14.0%
サイズ750ml
タイプ赤 / フルボディ
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度15-16℃
参考上代価格こちらの商品は完売となっております。 (次回入荷未定)

パーカーポイント4年連続90点越え!!

ルビー色ととても美しい薄い紫色の縁、バルサミコと野生のベリーを感じさせる芳香です。アタックは強いながらも程よい酸味とベリーやシナモン、そしてスパイス感のバランスに優れ、タンニンもしっかりと感じさせます。心地良い長い余韻が感じられます。

 

海抜の高さが生み出す昼夜の温度差が決めて

フェリックス・カジェッホ

josefelix callejo-color

 

 

Bodegas Félix Callejo

ボデーガス・フェリックス・カジェッホは、1943年6月にソティージョ・デ・ラ・リベラという村で産声を上げました。フェリックス・カジェッホは、代々ブドウ畑を所有しており、造ったワインの販売もしていました。

現在のオーナーであるホセ・フェリックス・カジェッホはマドリードの大学でブドウ栽培学、ワイン醸造学を学び修士過程まで進み、その後、1999年にはフランスで、また2000年にはチリにて、各国のワイン造りの経験を積みました。

彼の畑は、テンプラニーリョ種とティンタデ・フィナ種のみを栽培してり、ドゥエロバレーの最も高い場所であるリベラ・デル・ドゥエロの北に位置し、ブドウ畑は海抜850~930メーターのところにあります。この海抜の高さは昼夜で15℃以上の厳しい温度の差を生み出します。その温度差はブドウ作りにはとても重要な要素であり、昼間はブドウの熟成を強め、温度が低い夜には適度な酸味を産み出しています。

filosofia

彼の畑は、テンプラニーリョ種とティンタデ・フィナ種のみを栽培してり、ドゥエロバレーの最も高い場所であるリベラ・デル・ドゥエロの北に位置し、ブドウ畑は海抜850~930メーターのところにあります。この海抜の高さは昼夜で15℃以上の厳しい温度の差を生み出します。その温度差はブドウ作りにはとても重要な要素であり、昼間はブドウの熟成を強め、温度が低い夜には適度な酸味を産み出しています。

localizacion

海抜の高い土壌は、石灰質で低い方へとスロープ状に傾斜があり、下に行くにつれ、徐々に粘土質、砂、小石が多くなっていきます。この多様性のある土壌はワインに複雑なアロマをもたらし、テンプラニーリョとティンタデ・フィナのそれぞれの特徴を生み出しています。彼らは、樹に房がなったままの状態でブドウの成熟度を判断し、その結果で収穫をいつスタートさせるかを決めます。その為、常に最適な状態でブドウを収穫することができます。ファリックス・カジェッホのワイン造りへのこだわりは、オリジナルのイーストを使用した発酵にあり、それにより土壌のサイクルを完成させ、個性を発揮できるワインを生産することができます。発酵の後、100%フレンチオーク樽を使用します。