ベニート・サントス・メンシア 2016 / Benito Santos Mencia 2016

ベニート・サントス・メンシア 2016 / Benito Santos Mencia 2016

商品名Benito Santos Mencia 2016 / ベニート・サントス・メンシア 2016
JANコード8437003884818
生産地スペイン / D.O. モンテレイ
ワイナリーボデーガ・ベニート・サントス
ぶどう品種メンシア100%
ヴィンテージ2016
アルコール度数13.0%
サイズ750ml
タイプ赤 / ミディアムボディ
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度14-16℃
参考上代価格1,900円(税抜)

「注目の品種メンシア100%のエレガントな赤ワイン」

ステンレスタンク熟成。25年以上の畑より手摘みで収穫したブドウを使用。フレッシュな果実味とエレガントな味わいの赤ワイン。

メンシアはスペイン北西部で最も優れた赤ワインの品種です。スレート土壌で育てるのが理想的で、ブドウの房は小さくコンパクトです。メンシアから造られるワインは強い赤色で、果汁はとてもフルーティーでアロマティックです。口当たりはとてもバランスがよく、構成がしっかりしています。

「エチケットに込められた意味」
ラベルのエレメントは目、鼻、そして口だけです。ベニート・サントス・メンシアは特有の色、強い香り、独特な風味のワインです。色、香り、風味の3つのすべてのパワーをラベルで表現しています。
海風を浴びたワインを醸造

ボデーガ・ベニートサントス
Bodega Benito Santos
D.O. Monterrei

logoweb galeria17キャプチャ11galeria16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設立:1979年

ブドウ栽培面積:12ヘクタール
オーナー:Miguel Angel García Fernández
醸造家:Jose Antonio Porto Rivero
パラジャパン取扱ワイン
●ベニート・サントス・ゴデージョ ●ベニートサントス・メンシア
このワイナリーの創設者であるベニート・サントスは夢を持った男でした。青年時代の彼は、彼の祖父母の所有していたアルバニーリョ種のブドウ畑で働きながら「どうしたらこの素晴らしいブドウが世界中に広まり、その良さを知ってもらえるだろうか」と考えていました。

その後、数年間献身的に働いた彼は1979年、スペインの大西洋側の北西の海岸に位置する、魅力的な村、ビラノーバ・デ・アロウサに彼自身のワイナリーを設立しました。彼はこの地で素晴らしい品質のワインを造り続けました。そして、彼はアルバリーニョ種を初めて世間に推奨する重要なメンバーとして活躍し、現在ではスペイン政府によって観光名所に認定されているフェスタ・デ・ビーニャ・アルバリーニョ(カンバードス地区で行われるアルバニーリョのワインフェスティバル)に初めて招待されたワイナリーの1つで、その後何度も賞を受賞しました。1981年にはリアス・バイシャスの協議会のメンバーに任命され、リアス・バイシャスが原産地呼称を得るために尽力し、重要な役割を果たしました。

それから数十年後、ベニート・サントスは後継者にバトンを渡しました。そして、2002年にワイナリーは拡張、リニューアルされました。この段階でワイナリーは国際的なマーケットにも目を向け、D.O.モンテレイのベニート・サントス・メンシアとベニート・サントス・ゴデーリョをラインナップに加えました。

「素晴らしいワインはラボではなく、ブドウ畑から造られる。」というワイナリー創設者のベニート・サントスのモットーに現在の後継者たちも忠実に従い、彼と同じ情熱をもって、特有のテロワールを忠実に反映した信頼できるワインを提供しています。

ワイナリーの歴史と長い伝統により、ワインは鮮やかで複雑味があり、成熟したものとなっています。遅い収穫、短い圧搾過程、滓、ボトルで落ち着かせる時間、醸造過程のひとつひとつを大切にすると同時に、環境を深く尊重し、スローなワイン造りと、すべての過程の段階を楽しみ、彼らのワインの消費者、ひとりひとりに向けたワインを造っています。
miguel-y-tono「日本の皆様へメッセージ」
スペインでは日本は素晴らしく文化の成熟した国で、日本の消費者は目が肥えていると思われています。その為、私たちは品質のよいワインを提供するためにベストを尽くしています。ワインの品質、ボトル、ラベル、コルク栓、口金、外箱まですべて細かく厳格な試験をしていますので、きっと日本の皆様に満足していただけるでしょう。