「メレール・シラー」のエクスポーター来日

「メレール・シラー」のエクスポーター来日

5/13(月)にボデーガス・メレールのエクスポーター・Juan Haroが急遽来日し、弊社パラジャパンを訪問してくれました。

Juanはパラジャパンワインの中でも根強い人気を誇る「メレール・シラー」を醸造するアナ・メレールの親族でもあり、ボデーガス・メレールのフィロソフィーを熱く語ってくれました。

自然環境に起因するワイン造りにおいて、その風土、テロワールを最大限に引き出すことの素晴らしさ、難しさを改めて考えさせてもらいました。
また、日本でも少しずつ認知されてきたヴィーガンワイン造りにも注力し、常に自然な造りを目指し、且つ素晴らしい味わいに仕上げる醸造家のたゆまぬ努力を、これからもしっかりと皆様にお伝え致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メレール家は何世紀にもわたって農業に携わり、世代ごとに穀物や、アーモンド、ブドウを栽培してきました。自分たちのブドウ畑をもとに、ワイナリーを設立するという考えは、家族経営のワイン醸造の歴史を取り戻すという夢に由来しています。メレール家のブドウ畑は、DOソモンターノのピレネー山脈のふもとに位置しており、ブドウ栽培に適した環境条件が集まるこのような場所は世界でも数ヵ所にしかありません。
夏の極めて高い気温と冬の凍えるような気候を持つピレネー山脈は、一味違う特別なワインの生産に最適です。ここで生み出されるワインは、ミネラル豊富でフレッシュな強い風味を持ち合わせているのも特徴です。
職人一家の伝統を継続する考えだけでなく、ワイン作りや土壌のケアなどの近代的な技術を取り入れる活動もしています。
更には加糖や酸化防止剤の使用を極力制限した、広い意味で伝統的な方法でのオーガニックワイン作りを行なっています。