ボデーガス・アラーエスより「幸運を呼ぶ12粒のブドウ」が届きました

ボデーガス・アラーエスより「幸運を呼ぶ12粒のブドウ」が届きました

皆様年末年始はいかが過ごされたでしょうか?

年越しそばはたべられましたか?
日本では大晦日におそばを食べる習慣があるように、スペインにおいても大晦日にあるものを食べる習慣があります。
それが「ブドウ」です。
スペインでは大晦日の夜中になる12回の鐘の音に合わせて、12粒のブドウを食べる習慣が約100年前から続いており、「幸福を呼ぶ12粒のブドウ」と呼ばれています。
鐘の音に合わせて食べることが出来れば新しい1年間を幸運に過ごすことができると言われていますが、3秒に1回なる鐘の音と共に食べ続けるのはなかなか難しいようです。
そんな「幸福を呼ぶ12粒のブドウ」がボデーガス・アラーエスより送られてきました。
鐘の音と共に食べることはできませんでしたが、きっと今年も良い1年を過ごすことができそうですね。

本年も一年、皆様にとって幸多きことを!

2019.1.22