カタルーニャ

kataru

D.O.コステルス・デル・セグレ

montsantカタルーニャ州のD.O.ワイン産地は10で、ほぼ州全体が産地となっています。そんな中でセグレ川の西側に産地を拡げているのが、コステルス・デル・セグレです。このD.O.は7つのサブゾーンから成ります。ブドウ畑の標高は200m~400mで、砂質もしくは石灰岩の土壌が拡がります。降雨量は少なく、冬は寒く夏は暑い典型的な地中海性気候です。スペインにおける技術革新の最前線の地域で、その技術を駆使した、高品質のエレガントなワインが生産されています。グルナッシュ種やテンプラニーリョ種などの在来品種だけでなく、カベルネ・ソーヴィニヨン種やメルロー種、白ワインではシャルドネ種、リースリング種やソーヴィニヨン・ブラン種など外来種も栽培されています。

栽培面積 約4,197ha 年間降雨量 385-450mm
ワイナリー数 45カ所 食 材 地中海の海産物と内陸部の農産物
2014ワイン生産量 10,252,500liters 料 理 サルスエラ(魚介煮込み)パン・コン・トマテ(トマトを塗ったパン)、フィデウワ(パスタのパエリャ)など
ワイン消費動向 国内60%
輸出40%
ヴィンテージレート 2015 Muy Buena 主要ブドウ品種 マカベオ、チャレッロ、パレリャーダ、ガルナチャ・ティンタ、テンプラニーリョ、シラー、メルローなど
ヴィンテージレート 2016 Muy Buena DO認定年 1988

ワイナリー紹介

セジェール・マス・ラモネダ

cabecera12

アルテサ・デル・セグレ自治体内のモンマガストレの町。
マス・ラモネダはそこに100ヘクタールもの広大な土地を有し、その5分の1をブドウ畑として利用しています。 DO コステルス・デル・セグレと呼ばれるこの地域は、霧が多く発生し典型的な大陸性気候特有の極端な気温変化が顕著に表れています。これらの環境条件は、ワイナリーの特色となるブドウ品種、メルロDSC_0044ー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、テンプラニーリョ、ガルナチャやモナストレルを育てます。

マス・ラモネダは2009年に、ロス家が独自のブドウ畑とブドウ栽培を始めたと同時に創設されました。
1980年代終わりに栽培していたブドウの貯蔵分は、それまで共同組合に販売されていました。

彼らは伝統的な醸造方法を用いて、農園内にある貯蔵室でワインを作ります。手摘みしたブドウを手作業で選りすぐった後、発酵と熟成をステンレスタンクで行います。クリアンサワインについては、フランスのアリエという有名な地域から運び入れたオーク樽で熟成させています。

また、彼らの赤とロゼのワインを味わうことができる予約制の無料ツアーがあり、伝統的な醸造方法を説明するワイナリースタッフを伴って、貯蔵室や農園を回ることができます(対応言語はドイツ語、英語、フランス語、イタリア語)。
彼らは地下の古い貯蔵室に造られた小さな記念館を誇りにしています。

D.O.テラ・アルタ

テラ・アルタエブロ川の南に位置する内陸部の為、地中海性気候ですが、内陸性の特徴も持ち合わせます。寒暖の差が激しく、年間の降水量は350-500mmで畑は海抜350-500mにあります。土壌は痩せていて石灰質です。赤ワインでは、マスエラ、ガルナッチャ・ネグラ、ガルナッチャ・ペルダをブレンドした色の濃いワインが多く作られます。白ワインでは、ガルナッチャ・ブランカが主体のしっかりとしたワインが造られます。
栽培面積 約6,800ha 年間降雨量 350-500mm
ワイナリー数 49カ所 食 材 地中海の海産物と内陸部の農産物
2014ワイン生産量 15,815,410liters 料 理 サルスエラ(魚介煮込み)、パン・コン・トマテ(トマトを塗ったパン)、フィデウワ(パスタのパエリャ)
ワイン消費動向 国内40%
輸出60%
ヴィンテージレート 2013 Buena 主要ブドウ品種 ガルナチャ・ブランカ、マカベオ、ガルナチャ・ティンタ、カリニェナ、シラーなど
ヴィンテージレート 2014 Buena DO認定年 1985

ワイナリー紹介

ヴァン・デル・トゥロス

Vins del Tros és el projecte engegat l’any 2009 per Joan Ramo彼らのワイナリーは、テラ・アルタの北部、中世の面影を残したヴィラルバ・デル・アルクの標高440メートルの場所にあります。
ヴァン・デル・トゥロスは、ワイン醸造家であるホアン・ラモン・バダとワイン商人であるホセ・アルファルトが2009年に設立した新しいワイナリーです。二人はともにヴィラルバ・デル・アルクに生まれ、子供の頃からの親しい友人であり、この土地から生み出すワインに情熱を傾けています。
彼らのねらいは、このテラ・アルタという地において伝統的な地ブドウとしてのガルナチャとガルナチャ・ブランの古樹を使いながら、独自の個性あるワインを作ることです。
2012年には、新たにチャビ・オロビトが参入し、ふたりとともに、ワイン文化を広めています。

D.O.Ca.プリオラート

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af2009年にD.O.Ca.へと昇格。リオハ同様、高品質のワインが生産される今注目のワイン生産地のひとつです。この生産地最大の特徴は、「リコレリャ」というスレート状土壌、少ない降水量、岩だらけの山岳地帯という生育環境です。そのような環境下でブドウは、地中深くまで根を伸ばし、凝縮した実をつけます。またブドウは山の傾斜で栽培されることが多く、手作業で収穫するしかありません。そのためブドウの収穫量は少なく、その実はとてもミネラル分が豊富で個性的な、非常に濃厚なワインを生み出します。

栽培面積 約1,917ha 年間降雨量 約500-600mm
ワイナリー数 102カ所 食 材 地中海の海産物と内陸部の農産物
2014ワイン生産量 13,844,000liters 料 理 サルスエラ(魚介煮込み)、パン・コン・トマテ(トマトを塗ったパン)、フィデウワ(パスタのパエリャ)
ワイン消費動向 国内48%
輸出52%
ヴィンテージレート 2015 Muy Buena 主要ブドウ品種 シュナン・ブラン、カリニェナ、ガルナチャ、カベルネ・ソーヴィニヨンなど
ヴィンテージレート 2016 Muy Buena DOCa認定年 2009

ワイナリー紹介

コステルス・デル・プリオラート

コステルス・デル・プリオラートは、ベルムント・デ・プリオラートの町を取り囲む山岳地帯にあります。この地は険しい山岳地域であるため、ブドウ畑は非常に狭いテラス状の小区画に切り拓かなければなりません。そのためブドウの収穫量は少なく、農作業のほとんど全てが手作業で行われています。その中でも最も良いブドウ畑の傾斜には、町の人々に待ち合わせ場所として使われている、とても目立つイトスギがあります。それにちなんで、エチケットには糸杉を描いた赤ワインClos Cypresが生み出されました。
コステルス・デル・プリオラートは、この地域で最も優れたブドウの栽培農家の集落の一つでもあり、20ヘクタールのブドウ畑で、さまざまな品種の赤ワイン用ブドウを育てています。その中で最良のワインを生み出し、至宝とも呼べる最も古いブドウの木は、ガルナッチャ種とカリニャン種であり、樹齢40年から100年にも及んでいます。15年前には、カベルネ・ソーヴィニョンとガルナッチャが植えられ、最近では所有地の拡大に伴い、新たにシラー、メルロー、カベルネ、ソーヴィニョンのブドウ畑も手に入れました。
ブドウ畑で収穫されたブドウは「クロス」という過程に入ります。クロスとは収穫された畑ごとに個別のタンクで発酵を進め、個別にワインが造られる手法です。ピサーレスやクロス・シプレスなどの高品質なワインを造り出す秘訣はこのクロスだけでなく、それぞれのブドウ畑の収穫量が少ない点にもあります。きわめて少ない降水量とやせた土壌で育った、小型ながら果汁の濃縮したブドウの房は、アルコール度数が高く、成熟したタンニンを含み、スレート状の土壌がもたらす独特のミネラル風味を備えた、最良のワインを生み出します。

マルコ・アベリャ

マルコ・アベリャは15世紀から続く長い歴史をもつワイン醸造ファミリーです。その歴史は1497年カタルーニャ地方で行われた、第一回の国勢調査にこのファミリーがポレラ村の在住記録に記されてから始まります。その長い醸造の歴史の中でも大きな転換期となったのが1898年、当時ワインの醸造をおこなっていたラモン・マルコ・アベリャは独創的な企業家精神と不屈の精神で、かつてこの地域で最高のブドウ園のひとつにあげられていた頃の姿を復興させようと決心しました。その後ちょうど100年を超えたころ、彼の孫ダヴィドと妻のオリビアは現代的なワイナリーを建設することで、さらに彼らのワイナリーを高めるべく未来への更なる一歩を踏み出しました。
彼らの方針を象徴するのがボトルに描かれたエチケットです。その斬新なエチケットは世界的に有名なカタルーニャ人画家であるジョセップ・ギノバルドより親友であるマルコ・ファミリーのために送られた絵画を素に描かれています。
カタルーニャ地方はリコレリャと呼ばれる、スレート混じりの地層が特徴的の乾燥し、痩せた土地です。さらにこの土壌は、独自のミネラル成分を持ち、この地域のワインが有する土味を感じさせる源となっています。マルコ・アベリャの所有する23エーカーの広大なブドウ畑は標高、土壌、そして傾斜の違いによってそれぞれの個性をもっています。その個性は彼らの造るワインに反映され、そのワインを生み出した土壌の表情を鮮明に描き出します。彼らのワイン造りに対する哲学は、周囲の自然環境を十分に尊重しながら、このワインの確固たる高品質、オリジナル性、本質を保証することです。その証拠としてマルコ・アベリャではビオディナミ(バイオ・ダイナミック)農法を取り入れ、地球上の動物・植物の生命を尊重しながら、独自のワインを造り出しています。

D.O.モンサン

montsantD.O.Caプリオラートを囲うような形で位置するこの地域は、2002年にDOとして認定されました。土壌はD.O.Caプリオラート同様スレート土壌が多く、地中海からの海風の影響を受け、基本的にはフレッシュ感のあるエレガントなワインになります。
19世紀には、この地で造られた多くのワインが、世界中の展覧会で賞を獲得し、その名を知られるようになりました。モンサンには若い醸造家達も多く、彼らの情熱はこの地のワインの質を著しく進歩させています。また古樹を有する畑も多く、収穫量も少なく高品質のブドウが収穫されるため、プリオラート同様に注目を集め、今もなお進化し続けている地域です。

栽培面積 約1,840ha 年間降雨量 約500-600mm
ワイナリー数 65カ所 食 材 地中海の海産物と内陸部の農産物
2014ワイン生産量 5,914,695liters 料 理 サルスエラ(魚介煮込み)、パン・コン・トマテ(トマトを塗ったパン)、フィデウワ(パスタのパエリャ)
ワイン消費動向 国内50%
輸出50%
ヴィンテージレート 2015 Muy Buena 主要ブドウ品種 シャルドネ、ガルナチャ・ブランカ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カリニェナなど
ヴィンテージレート 2016 Muy Buena DO認定年 2002

ワイナリー紹介

テラ・ペルソナ

テラ・ペルソナは新世代のワイナリーです。2006年、創始者であるルドとジャクリーン・パースンはオランダよりこの地に移住し、DO.モンサンの南東部で古いブドウ畑を購入しました。ルドは古代から続くワインの生産地であるカタルーニャ地方の魅力に心底魅了され、この地の自然環境の持つポテンシャルを最大限に引き出すために、新しいブドウ品種を取り入れ、この場所に植え付けました。その後ルドの丁寧な手入れにより、土壌を元来の自然な状態に戻りました。以来、テラ・ペルソナではワイン用ブドウの栽培について、固有品種と新品種のどちらに対しても理想的な生育環境を造り続け、近代的なワイン製法と同時に、伝統的な製法を用いています。
テラ・ペルソナのブドウ畑は、周囲が松の木で囲われ、カリニャンとオリーブが植えられており、生物多様性を生み出しています。ルドは、またオリーブの木々の間に、カベルネソーヴィニョン種とシラー種を植えました。彼らのブドウ畑には灌漑設備が設置されておらず、ブドウの木は毎年刈り込まれる為、生産性は低いものの最高品質のブドウが生み出されます。また、ガルナチャとカリニャンの古い樹齢の樹はD.O.C.プリオラートとの境界近くに植えられています。この地では地中海より時折吹きつける湿気を含んだ風や暖かく安定した環境のもと、荘厳なモンサンの山々に見守られながら標高400メートルまでブドウの生育が可能です。
彼らが生み出したワインは、真のスペインらしさにあふれ、モンサン・ワインの持つ、濃厚かつ芳香にあふれ、変化に富む味わいを持ちこの産地特有の気候や土壌を明快に体現した典型的なワインです。香りと味の完璧なバランスにこだわった個性際立つ、飲み良く、品質、価格とも保証された、モンサン・ワインをお届けする。そんな彼らの哲学は拡がりをみせ、世界中のワイン通の人々を魅了しています。

D.O.ペネデス

penedesバルセロナの南約40キロメートルにあるビラフランカ・デル・ペネデスを中心に広がる、カタルーニャ州を代表するワイン産地。DO.カヴァに認定されているうちの99%がこの地区でカヴァの中心地となっています。カヴァの生産本数は年間で2億本にも及び、世界中の人々に愛されています。カヴァ以外にも古くから葡萄栽培とワイン造りが行われてきましたが、現在のようにスティルワインの生産が本格的になったのは1970年代に入ってからです。歴史は浅いものの、スペインでいち早くステンレスタンクや温度調節装置を導入するなどの醸造所の近代化、技術革新をほかの産地に先駆けて行った結果、現在の生産量は、多いときには約45,000キロリットルに達します。

栽培面積 約17,000ha 年間降雨量 約560mm
ワイナリー数 170カ所 食 材 地中海の海産物と内陸部の農産物
2014ワイン生産量 13,844,000liters 料 理 サルスエラ(魚介煮込み)、パン・コン・トマテ(トマトを塗ったパン)、フィデウワ(パスタのパエリャ)
ワイン消費動向 国内75%
輸出25%
ヴィンテージレート 2015 Muy Buena 主要ブドウ品種 チャレッロ、マカベオ、パレリャーダ、ガルナチャ・ティンタ、
サムソなど
ヴィンテージレート 2016 Muy Buena DO認定年 1960

ワイナリー紹介

マリア・カサノヴァ

マリア・カサノヴァは、カヴァの生産地として知られるD.O.ペネデス、サン・サドゥルニ・デ・ノヤにある小規模家族経営のワイナリーです。設立以来、常にユニークでエレガントなカヴァを造り続け、カヴァ生産への専念と絶えることのない革新的な精神により、今や注目を集めるブランドへと成長してきました。その斬新で美しいシルエットと革新的で芳醇な香りと味はカヴァを愛する人々を魅了してやみません。
1984年、ブドウ畑とワイン業界で数十年過ごした後、マリア・カサノヴァは一族の若い世代よりカヴァを紹介され、その後カヴァ生産へ専念、常に新しく革新的であるカヴァを造る為に、懸命に研究を重ね働き続けた末、現在では彼女らのカヴァを一流のワイン業者やレストランに導入するに至りました。
マリア・カサノヴァのワイナリーは、カヴァ造りへの実績とそのモダンなスタイルで、人気を集めています。「マリア・カサノヴァのカヴァで乾杯する人すべてに、世界を驚がくさせた味を体感していただき、感覚と感情が目覚めるようなインパクトを提供し幸せをお届けする。」という彼女達のメッセージはそのボトルにも色にも泡にもそして香りにも表れています。

IMG_3520

「日本の皆様へメッセージ」
カバを買ってくださるお客様にはワインについて最低限の情報を提供するべきだと思っています。そうすることでワインを十分に味わうことができて、この特別素晴らしいワインを好きでい続けてくれると信じています。
シャンパン製法として知られる瓶内二次発酵を行う伝統的な造り方をするカバは、定義としてはスパークリングワインです。自然に発泡することを意味しています。
Maria Casanovas(マリア・カサノバ)は、高く推奨されているブランドです。名称自体は覚えやすく世界中どこの国でも読みやすく発音もしやすいです。私たちのカバで素敵な時間を過ごしてください。

ワイナリー設立 1984年 栽培面積 13ヘクタール
オーナー名 Jordi CARAFI CASANOVAS
Jacint CARAFI CASANOVAS
従業員数 4名
醸造家名 Jordi CARAFI CASANOVAS
Jacint CARAFI CASANOVAS
弊社取扱ワイン ○ブリュット・デ・ブリュット
年間生産本数 101,000本
ワイン輸出国数 13ヵ国 ワイン出荷動向 国内70%,輸出30%

アグスティ・トレーリョ

アグスティホームページ用
1950 年に家族経営のワイナリーとして設立されました。彼らは全ての情熱と努力をワインとカバの醸造に注いでおり、その個性と品質から高い評価を受けています。現在では創設者のアグスティ・トレーリョとその子供たちで運営されています。カバの醸造の一方で、彼らのオーガニックの畑で育てられた、ブドウを使用した白ワインも醸造しています。

ブドウを最先端の空気式の圧搾機にてプレスすることにより、ブドウの酸化を防ぎ、最高の品質の果汁を絞り出します。それぞれのブドウは、ブレンドされるまで特注のタンクに分けられています。最高の状態に熟しているブドウを収穫し、その時の状態に合わせ醸造過程を考慮し、発酵の状況をしっかりと監視することで、ベストなワインのベースが出来上がります。

ラ・ヴィダ・アル・カンプ

ラ・ヴィダ・アル・カンプ

“La vida al camp” このプロジェクトは、スペインにおいて初めて瓶内二次発酵のスパークリングワインを造りだした、Josep Raventós Fatjóの次男、Jaume Raventóによって描かれた本、”La vida al camp〜memòries d’un cabaler” に基づいて誕生しました。

ああああ

この本には、彼が幼少時にPenedes、Sant Sadurni D’Anoiaで過ごした、田舎での暮らし、農家の人々とのかかわりなどが記されています。
ワインのエチケットも、この本からインスピレーションを受けています。
自然を知り尽くした地元の農家の方々と共に、
自然を尊重し、その土地を生かしたワイン造りをする、という信念のもとLa vida al campは誕生しました。

ブドウ栽培農家の5代目にあたるDavidは多くの畑をAlt Penedes の中心Can Cartró の周りに所有しています。ブドウ栽培を勉強した後、家族が所有する畑を有機栽培に変更します。
Can Cartró は人口約180人の小さな村です。

彼らの畑はAlt Penedés, AvinyonetにあるCantallops に位置します。
約25haの畑を所有するJosep Cuscóは40年以上もブドウ栽培に携わり、生活をしています。

モン・ルビー

モン・ルビーは1984年にバルセロナにあるワイン生産地域、カタルーニャ州ペネデスで創業しました。以来、25年以上にわたり、革新的な醸造技術やさまざまなブドウ品種の導入の試みを繰り返し、生産量に限りのある高品質ワインのみを造り続けてきました。常に最高品質へこだわり、卓越した高い品質のブドウを確保しテロワールの潜在力を十分に発揮させる技術力を確立しました。さらに、300ヘクタールにわたる自社所有の栽培エリアから最良の区域を選び出し、ペネデス地方の固有品種:スモイ、チャレロ、パレリャーダ、ガルナッチャ、サムソの栽培を促進してきました。
ワイナリーの指導者であるジョセフ・ケラトル氏は、この地で生まれ育ち、幼少のころからブドウ栽培に携わってきました。また、彼の持つブドウ畑とワイナリー、両方で働いた経験で培った豊富でアカデミックな知識と、そのワイン造りに対する多大なる情熱は、常にモン・ルビーのワインを進化させ続けています。彼は、ペネデス在来品種「スモイ」を中心にしてワインの生産を復興させ、それを洗練されたものとする努力を絶え間なく推し進めてきました。
ブドウ畑がある地域、リ・アベラは村の名称ともなっていますが、50年以上にわたるブドウ畑とその周辺地域固有の生態環境との間の独特の相互作用がその特徴を現しています。そんな地域の中でも、モン・ルビーのワインには、標高500 ~ 800メートルに位置し、300ヘクタールにものぼる所有地で栽培された最高品質のブドウのみが用いられています。そのブドウがモン・ルビーの斬新で独創的なワインへと進化させています。