ピサ―ラス・デ・オテロ 2017 / Pizarras de Otero 2017

ピサ―ラス・デ・オテロ 2017 / Pizarras de Otero 2017

商品名ピサ―ラス・デ・オテロ 2017 / Pizarras de Otero 2017
JANコード8414825338163
生産地スペイン / D.O. ビエルソ
ワイナリーボデーガス・マルティン・コダックス
ぶどう品種メンシア100%
ヴィンテージ2017
アルコール度数13.0%
サイズ750ml
タイプ赤 / 中重口
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度13-18℃
参考上代価格1,580円(税抜)

 

 

「マリエッタを手掛けるワインメーカーの赤」

「ピサ―ラス・デ・オテロ」とは「丘の粘板岩」を意味します。標高450m以上ある地域で主にスレートと粘土質の土壌で構成されます。山岳地帯の為傾斜が厳しく、全て手摘み収穫され、選果後、低温で醸し、MLF、清澄します。チェリーやプラム、スミレのような香りが感じられ、ミネラル感も豊富。メンシアのフルーティーな口当たりながら、力強さも感じられ、滑らかなタンニンが包みます。

赤身肉、カルパッチョ、豚肉の塩漬け、ヤギのチーズとの相性も楽しめます。

カンタブリア山脈には以前多くのヒグマが生息していました。しかし年々、高山地域での人々の活動により熊の数が激減しました。そこで、マルティン・コダックスは熊の食料確保のために植物を植えたりするなど、保護活動にも力を入れています。

 

ガリシア地方の象徴的ワイナリー

ボデーガス・マルティン・コダックス
Bodegas Martín Códax
D.O.Rias Bixas, D.O.Monterrei

マルティンコダックス写真2アルマ・アトランティカ

設立:1986年
ブドウ栽培面積:480ヘクタール (契約農家)
オーナー:270名のメンバー
醸造家:Luciano Amoedo
パラジャパン取扱ワイン
○マリエッタ ○マラ・マルティン ○アルバ・マルティン

 

ボデーガス・マルティン・コダックスは1986年に設立された新しいワイナリーです。ワイナリーの名前は、中世においてガリシア地方でもっとも有名な吟遊詩人にちなんで命名されました。彼の詩の中では、その地で生活している海や海岸への愛情が謳われています。

設立以来、マルティン・コダックスは、この土地に住む人々や社会に支えられ成長を続けてきました。
今ではマルティン・コダックスは、世界中の40以上の国々に紹介され、ガリシア地方の象徴といわれるまでに発展しました。

サルネス・ヴァレー
マルティン・コダックスを語るときには、サルネス・ヴァレーを欠かすことはできません。設立当初より、サルネス・ヴァレーでの270人ものサポーターと300にものぼる小規模ワイン生産者からの葡萄の供給が彼らの支えとなりました。彼らは大家族経営のため、可能な限り最高品質のワインを提供するという共通の目的意識を持ち、今もワイン造りを行っています。

文化への貢献
マルティン・コダックスは、世界中の文化および文化表現を尊重しています。そしてガリシア文化の普及にも努めています。

環境への取り組み
マルティン・コダックスは、常に二酸化炭素の排出量の削減に取り組んでいます。I+D+Iプロジェクトでは環境負荷の軽減に努め、ワイナリースタッフの最優先課題の一つとなっています。