フルボディ

アルガンサ・カベルネ・メンシア

Loading

Arganza Cabernet Mencia

赤ワイン1位

1,580(税込 1,738円) 17ポイント

JAMES SUCKLING91点の高評価。
樹齢100年の古株から収穫される成熟した味わい。
4か月間フレンチオーク・アメリカンオーク樽熟成。
繊細なメンシアの旨味と、しっかり柔らかい果実味のカベルネ・ソーヴィニヨンのバランスが取れたエレガントな味わい。
シルキーな口当たりで香り、味わい共に深みを感じて甘みのある余韻も長い。
中華料理や様々なお肉との相性も抜群です。
ヴィンテージ/2017  ワイナリー/パラシオ・デ・アルガンサ  原産地/V.T.カスティーリャ・イ・レオン  品種/カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メンシア50%  内容量/750ml  度数13.5% 

繊細なメンシアと果実味豊かなカベルネの融合!

JAMES SUCKLING91点

樹齢100年以上の苗木より9月最終週に手摘み収穫され、ステンレスタンクにて発酵後、フレンチオーク・アメリカンオーク樽にて4ヶ月間熟成。
その後6ヶ月瓶内熟成します。

熟したチェリーレッドの色調。
濃厚なベリージャムのようなアロマと、ほのかにウッディでスパイシーなニュアンスも感じられます。
新鮮な果実味がイキイキと感じられるも口当たりの滑らかなタンニンが心地よく、ダークチョコのような深みのある余韻も長く感じられます。

回鍋肉やビーフシチュー、ローストビーフなどとの相性も楽しんで頂けます。

 

現在のワイナリーは1805年にビジャフランカ・デル・ビエルソの街に設立され、1964年に現オーナーのホセ・ルイスにより買収されました。

70年代から80年代はスペインではリオハやへレスが輸出ワインの大半を占めていた時代にも関わらず、ビエルソのワインを広めるため早くから各国への輸出に取り組んできました。2000年には近郊の街トラル・デ・ロス・バドスに32,000㎡の近代的な工場を建設しました。

ホセ・ルイスはD.O.ビエルソ創設の立役者の一人でもあり、「エル・マエストロ」として尊敬を集めています。

彼は40年以上ワイン製造に携わり、ビエルソの土地のテロワールから土壌、醸造に精通し、ゴデーリョとメンシア、ドニャ・ブランカのワイン開発の先駆けとなってきました。

現在は10ヘクタールの自社畑と約70ヘクタールの契約農家の畑でブドウ栽培し、3,400万リットルのワインを生産するまでに成長しました。

 

エチケットにはベラスケスの作品「バッカスの勝利」( 酒の神、バッカスが酒宴に集まった農民たちにブドウの葉の冠している神話画。)がオマージュされています。

また、長い歴史を持つこのワインを楽しんで欲しいというメッセージも書かれており、このワインを愛する人々の思いが伝わってくるのではないでしょうか。

 

アルガンサ・カベルネ・メンシアの関連商品

お気に入り

Loading