フルボディ

カミーノ・ドス・ファロス

Loading

Camino dos Faros

2,880(税込 3,168円) 31ポイント

2022年ガリシアワインコンクール金賞受賞!
ガリシア北部の風光明媚なハイキングコース「カミーノ・ドス・ファロス」にインスピレーションを受けて製造。
ラベルは8種類あり、ハイキングコースの名所でもある8つの灯台がそれぞれ描かれています。
洋ナシや桃のような熟した果実のアロマがあり、フレッシュハーブのニュアンスも。
果実味豊かでフルーティーな味わい。
シーフードはもちろんチーズや和食にも合わせて楽しんで頂けます。
ヴィンテージ/2020年  ワイナリー/ボデーガス・クンケイロ  原産地/D.O.リベイロ  品種/トレイシャドゥーラ、トロンテス、パロミノ  内容量/750ml  度数11.5% 

ガリシアの文化、伝統、風土が詰まった1本

「カミーノ・ドス・ファロス(Camino dos Faros)」とはガリシア北部の海外沿いにあるマルピカからフィステーラを結ぶ全長200kmのハイキングの名称で、一年を通じて世界各国から多くのハイカーが訪れます。

世界的にも最もユニークで美しく幻想的なハイキングコースと言われその旅路のインスピレーションからこのワインは生まれました。

2012年に4人の若者がこの土地コスタ・デ・モルテが常に海岸に面しているのを日々目にしていた際に、現在のスタート地点であるマルピカからフィステーラまで歩いていけるのではと考え、歩き出しました。

その土地に生まれながらも、この海岸沿いを歩く事がなかった彼らは、この道のりを通じてガリシアの素晴らしい風景と生活、文化が点在しているのを改めて感じました。

彼らはこの体験を通じて、このガリシアの風景や文化を残していきたいと州政府や企業に働きかけ、遂に5年後の2017年に「カミーノ・ドス・ファロス」として8つのステージに分かれた全長200kmにわたるハイキングコースが認定されました。

そしてこのボデーガス・クンケイロもガリシアの遺産として残すべくこの活動に賛同し、ガリシアの風土や文化を表現した1本としてこのワインを造り上げました。

そんなユニークな誕生秘話を持つこのワインは、現地では収益の一部をハイキングコースの整備の為に寄付しています。

リベイロの伝統、個性、風土、文化を融合させたワイン造りを目指し古くからリベイロに伝わるトレイシャドゥーラ、トロンテス、パロミノを使用。

低温にてステンレス発酵し。品種の個性を生かすために樽は未使用。

色調は麦わら色で、新鮮な桃や洋ナシのようなフルーティーなアロマや、清々しいフレッシュハーブのニュアンスも感じられます。

口に含むと果実のジューシーさが感じられ、リンゴやアプリコット、ライム、ハーブ、バルサミコのような余韻が長く続きます。

また、「カミーノ・ドス・ファロス」の8つのステージにちなみ、ポイントとなるそれぞれの灯台が描かれた8つのエチケットが用意されています。
(※どのラベルが届くかはお楽しみ!)

1920年に初代セベリーノ・フェルナンデスによって畑が開墾され、ワイナリーが設立されました。

ワイナリーは1880年代にガリシアへ移住してきたヨーロッパ人が建てた”Casal(カサル)”と呼ばれる屋敷を利用しています。

現在は3代目と4代目が中心となり家族にて栽培、醸造、流通まで行っています。

【左からセサル(マーケティング)、イヴァン(醸造責任者)、オスカー(栽培責任者)、セヴェリーノ(オーナー)】

栽培面積10ヘクタール。標高125m~400mにかけて4つに分かれた地域で畑を栽培し大西洋気候では珍しく夏場は45度をも記録する過酷な環境にて栽培。

ブドウの平均樹齢は50年となり、1本の苗から6房から8房と収量を厳しく制限し品質の向上に努めています。

カミーノ・ドス・ファロスの関連商品

お気に入り

Loading