カナジャス・ティント 2017 / Canallas Tinto 2017

カナジャス・ティント 2017 / Canallas Tinto 2017

商品名カナジャス・ティント 2017 / Canallas Tinto 2017
JANコード8413513001525
生産地スペイン / D.O. バレンシア
ワイナリーボデーガス・アントニオ・アラーエス
ぶどう品種テンプラニーリョ 50%
モナストレル50%
ヴィンテージ2017
アルコール度数13.0%
サイズ750ml
タイプ赤 / ミディアムボディ
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度14-16℃
参考上代価格1,580円(税抜)

「現代のCanallas達をコミカルにオマージュ」

バレンシアの郊外にある標高600mのラ・フォント・デラ・フィグエラの粘土質と石灰質の土壌から育った樹齢30年以上のブドウを使用。4ヶ月間アメリカンオーク樽熟成。
サクランボのように明るいバイオレットの色調で、熟したイチゴやバニラ、カカオの香りが感じられます。ジューシーで酸とタンニンのバランスが非常に秀逸で、樽熟成によるわずかなスパイシーさも感じられます。
様々なタイプのタパスや煮込み料理との相性をお楽しみ頂けます。

ワイン名の”Canallas”(カナジャス)とは「ならず物」や「愚か者」を意味します。但し、どんな者であろうとも幼い頃にはピュアな心を持ち合わせており、そんな純粋無垢な気持ちで、このワインを楽しいんで欲しいというワイナリーの思いが込められています。
そこでエチケットにはそんな純粋無垢な子供が壁に描く落書きに着想を得て、現代の都会の様子がコミカルに描かれています。

 

進化し続けるワイナリー

ボデーガス・アントニオ・アラーエス
Bodegas Antonio Arráez
D.O.Valencia, D.O.Utiel Requena, D.O.Cava

Logo100x40

 

 

 

Bodegas-Antonio-ArráezIMG_3177IMG_3166

 

 

 

 

 

設立:1916年
ブドウ栽培面積:50ヘクタール
オーナー:Toni Arráez Calabuig
醸造家:Toni Arráez Calabuig
パラジャパン取扱ワイン
●エドゥアルド・ティント ●マラ・ヴィーダ  ●マラ・ヴィーダ・ブランコ ●ヴィヴィール・シン・ドルミール ●ヴィヴィドール ●カーバ・スートラ ●フー・ハッ!

 

スペイン南東部DOバレンシアの中でも最南端に位置する、ラ・フォント・デ・フィグエラ。ボデーガス・アントニオ・アラーエスはブドウ畑やオレンジ畑そして緑豊かな山が見渡せる場所に位置しています。

彼らのワイン造りの始まりは1916年、周囲のいくつかの農家が自分たちの育てたブドウを使ったワインを造り出すためにワイナリーを設立し、その後1950年に元オーナーの祖父であるドン・アントニオがそのワイナリーを引き継いだことから始まります。現在では家族経営となったボデーガス・アントニオ・アラーエスの代表であるトニ・アントニオは3代目のオーナーです。

「ワイン職人はそのワインがもつ特性を丸ごと引き出せるだけの力量を備えていなければなりませんが、同時にワインの世界に足を踏み入れた消費者の方々にその技を理解していただき、楽しんでいただけるものでなければならないのです。」と彼は語ります。

トニは市場のニーズを読み取り「複雑さを備えつつ、凝縮されたワインを造り出す。」この目標を胸に挑戦し続けています。
またワイン文化の発展にも尽力し、若い世代へのアピールとなる低価格で高品質なワイン「マラヴィーダ」などを確固たる価格ポリシーを持って造り出しています。