コレンダ 2016 / Kolenda 2016

コレンダ 2016 / Kolenda 2016

商品名コレンダ 2016 / Kolenda 2016
JANコード8437011621092
生産地スペイン / I.G.P. バホ・アラゴン
ワイナリーラガール・ダンプリウス
ぶどう品種ゲヴルツトラミネール100%
ヴィンテージ2016
アルコール度数14.5%
サイズ750ml
タイプ白/辛口
ペニン・ガイド評価
最適な飲み頃温度8-10℃
参考上代価格3,200円(税抜)

 

「映画監督ルイス・ブニュエルへのオマージュ」

“Kolenda”は映画監督ルイス・ブニュエルが生まれた町であるカランダの古い名前から起用しました。エチケットにはこの町で年に一度開催される「タンブラータ」と呼ばれるお祭りがあり、その際に数百名にものぼる市民たちがドラムを叩きながら町を練り歩く風習を描いています。
樹齢4年の若木から1株当たり15Kgと収量を制限し、夜間に手摘み収穫。8℃の低温で12時間マセラシオンし、14℃~16℃に管理したステンレスタンクにて自然酵母を使用し12日間発酵。その後同タンクにて週1回のバトナージュを行いながら4ヵ月澱と共にシュールリー熟成。

色調は輝きのある黄金色。ライチ、ブドウ、洋ナシなどのフレッシュな果実香や、白バラ、アカシアの魅惑的なフローラルなアロマが際立ちます。その後ピーチやバナナ、グリーンオリーブやローズマリーなどの香りに変化していきます。口当たりは厚みもあり程よい酸味でアルコールもよく溶け込んでいます。フレッシュは果実感を感じつつも白コショウやカルダモン、クミンなど心地よい苦みを伴う複雑な余韻が長いエレガントな辛口に仕上がっています。

焼き野菜、野菜のソテー、タラなどの白身魚のグリル、チキンカレーやはちみつソースを使用したラム肉などスパイシーな料理との相性も楽しんで頂けます。

 

アラゴンのテロワールを追及する

ラガール・ダンプリウス
Lagar d’Amprius
I.G.P. Bajo Aragón

 

 

 

 

 

ブドウ栽培面積:125ヘクタール
オーナー:Miguel Peña
醸造家:Jorge Nabascués
パラジャパン取扱ワイン
●ナサリン ●コレンダ

 

アラゴン州南部に位置するテルエルにて、2004年ブドウ栽培、ワイン醸造、ブドウ栽培の可能性に情熱を傾けるグループによって組織されました。彼らはこのマタラニャ地域のブドウの可能性に魅了され、古くから栽培されてきたブドウ品種に今一度活力を取り戻そうと2007年から2013年に渡り新たな畑を開墾し125ヘクタールにまで増やしていきました。畑はマタラニャ地域の標高530mにあり、ローム質の粘土構造の肥沃な土壌に植樹されています。
醸造はいたってシンプルに、栽培はマタラニャのテロワールを最大限に表現できるよう心掛けており、フルーティーで上質な唯一無二のワイン造りを目指しています。
ワイナリー名である「Lagar d’Amprius」は1137年ジェームス1世の征服により、その地域の貧困者を征服から保護する公共施設として設立されたAMPRIUSに由来します。またテルエル周辺の地域ではAmpriusという言葉は同等品のものを返品する条件のもとで資金を借りることを意味します。それ故、ブドウ畑に最高の品質のぶどうを栽培、収穫を求める代わりに、最高の品質のワインを造り出すという信念が込められています。